2017年3月25日

とは言え弔辞を述べる方からすると緊張を強いられるものですから式次第に入るのなら…。

葬儀にこだわりといったような想像できないと思うかも知れませんがそれはお葬式を考える上で何を大事にどこを優先すべきか、という問題です。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には正しい原義はなく親族を集中的に、近しい方など故人と関係の深い人が寄合い見送る多少の葬儀式を指して言うことが多いそうです。
僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)と縁がなく葬儀の時間に葬儀業者に坊主を斡旋して頂く場合は、お布施の金額はいかほど払えばいいのかはかりかねるので、疑念を抱く者も多いことでしょう。
一家代表は通夜式の実務的な面での窓口となり広範囲の役割として出席者へのご挨拶、などをすることが考えられます。
今では僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)は葬儀や法事で読経する人という意識がありますが、古来から宗教者とは釈迦の教えや、仏教などを正確にわかるように、言葉にするのが使命なのです。

大事な家族の危篤を医師からアナウンスされたら、家族親類本人が会いたいと想う方に、一瞬で連絡を取ってください。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の具体的イメージとして世間は『家族だけの祭事』『家族と友人だけの葬式』が過半数で家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の縛りにに関係する同感も別々と言います。
後飾りは葬儀を終え白木祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を整理した後にこれらの遺影・遺骨・位牌などを和室に安置してお参りする祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を後飾りと呼びます。
それ相当のお葬式をするのであればやっぱり相当の必要になると思いますが、様々な切り盛りで、概略100万は、削減が可能です。
近年までは通夜は故人と仲の良い人が夜通し故人に寄り添うのが通常でしたが、昨今は参加者を参会してお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)を実施し、数時間で閉式するのが殆どです。

忘れられない方が亡くなった事実を重要な現実として受け止め故人の冥福を祈る事で集まった家族や友達と、その悲しみの共感する事で、やがて深い悲しみの心がケアされていきます。
とは言え弔辞を述べる方からすると緊張を強いられるものですから式次第に入るのなら、早々に申し込んで、承諾を得るようにしましょう。
仏式で行うときは安置は北枕にしますがご遺体の安置の手段についてはキリスト教・神式など仏式以外の別々の宗教・宗派によって習わしが異なります。
ご自身の葬儀や葬送の進行について生前から決めておく事を念願する方ご家族と談合したりエンディングノートに書き残す人も増加しているようです。
葬儀式を不都合なく行うためにはご遺族と葬儀社との信頼感も大切なことになりますので聞いても大丈夫と思われることでも、お問い合わせください。