2017年3月25日

祖先に対してのお参りなので親類たちで遂行する事が…。

亡くなった人を想い葬式の席が死者を傍に置いての家族間の争いの場に変わりそこで亡くなった人を弔っているのは誰なのだろうか、と記憶に残ったことがある。
喪家と言うものはご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家族を東日本では『葬家』という事も多く喪家は関西界隈を主体として、選択される、ことが殆んどのようです。
祖先に対してのお参りなので親類たちで遂行する事が、超したことは無いのですが、各々の理由で、行えないケースには、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てるお参りだけを、頼むこともあります。
初の葬儀を進行する方は怯えが湧いてくると推定されますが葬式は人生で数回も執り行うことではないから、大方の方は素人です。
ふたおやに資力がないから金分相続は関係ない、あたしは何も賜る気構えはなかったので分割相続は関係ない、と考え違いをしている当事者が幾多に考えられます。

付き合いのあるお坊さんが承認していない、個人の檀家の宗旨宗派があやしい方は、第一は実家や祖父母に問い合わせましょう
自宅で逝去されたケースでは霊安室から2~3時間で移動を要求されるケースも多く、送迎車を電話する急がれます。
通常僕らは『法事』と呼ぶそうですが、基本的に言うと、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に仏典を読んで頂くところを「法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)」と呼び、法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)と偲ぶ会も含んだ仏事を『法事』と言われています。
葬儀にこだわりなんてと予想外に感じると思いますがお葬式を想定する上では何を大事にしたいか、という意味だと思えます。
お仏壇とはその名前の通り仏様結局のところは如来様をお勤めする壇の事を意味し加えて近年では、死亡された肉親や、ご先祖を祀るところという考え方が見方が、常識になりつつあります。

火葬に相当する仕事がらの人は明治から僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)が民間の中に入り道の隅に放置された遺体を集め、鎮魂して火葬したことがきっかけとして、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)と呼ばれたのだろう。
だけど近頃は火葬式や一日葬・家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)をご希望する遺族も多くなったので終の日々は想い出の場所でと、自宅を希望する家族も多くなりました。
家族や友人へのメッセージを通知する手紙として、そして自身のための記録集約ノートとして、年齢に縛られず遠慮なく記帳する事が可能な、暮らしの中でも力になる帳面です。
無宗教の葬儀告別式は縛りのない一方でそこそこの台本を制定する、こともありますが、ご要望や想いをもとに、葬儀告別式を作り上げる、流れが多くみられます。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は全国各地に存在しており駅からも近くて手を合わせるのに便利なお寺や都心から距離のある、落ち着いた寺まで、選択の幅は豊富です。