2017年4月27日

葬儀場から弔辞を貰いたい人にまで…。

「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)坊主」と言うことも「葬儀・法事にしか関わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を嘲笑った言い方だけでなく「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)に従事するから穢れている」という趣意をいったりもする。
満中陰の忌明けまで使い続けることが自然おいてお通夜または葬儀告別式に参列出来なかった友や知り合いが、手を合わせに来られた場合には、後飾り祭壇で手を合わせいただきます。
喪家と言う意味はご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを主として、選ばれる、傾向がみられると言えます。
今に至るまで葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)文化を仲裁にお寺と檀家は首の皮一枚で繋がりを持ってきたが、その葬儀においても、仏事行事離れが始まった。
家内の一家は時宗で位牌を受託するのですが、僕の居住地一角には禅宗の仏寺がないと思います。

お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は寺院の宗教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(死者を彼岸に導く)を行う宗教式で、道理では親類が参列されていました。
ボリュームやランクによって信頼感が減少するのとは違い葬儀社のスタンスや取り組み方接客態度や応対で、判断することが大事です。
旧来通夜に施主のお礼はなかったですが、最近はお通夜に列席者が増加しており、お礼することも多くなりました。
大事な人の危篤を先生から通知されたら、近しい人や自分が会いたいと願う人に、直ぐに連絡するのがベストです。
葬儀場から弔辞を貰いたい人にまで、要望すれば細部に至るまで清書する事が出来るのがリビングウイルの実利でもあると思います。

無宗教の葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は自由にできる反面そこそこのシナリオを指し示す、こともあり、お望みや想いをもとに、葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を作り上げる、進行が基本です。
一昔前まで遺族の人で執り行うことが平均だった大衆的だった遺品整理ですが、バタバタしたり、遺品整理する場所が辺ぴだったり、近親者の力では賄えないのが問題です。
斎場って言葉は本来神道の言い方で典礼や儀式を行うところを意味をなしていましたが、近代葬送では、変わってメインに葬儀式を執り行うことが可能な建物を指します。
きっぱりと定義付けがない『家族葬』という名詞ですが、主として遺族・親族・友人たちを軸としたいくぶんかの人数での葬儀の美称として使っています。
今では斎場とも呼ばれているが元々祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を実施する建物全般を指摘する言い方であり、通夜葬儀のみ行う施設で斎場と呼ぶものも多いです。