2017年6月23日

昔は通夜に家族のご挨拶はなかったですが…。

四十九日は式場の準備や位牌の手筈など事前準備をする方が多くいて、(いつまでに何をするのか)ちゃんと心得ておく必要が大事です。
古来では通夜は故人の近しい人たちが日が昇るまで死者の傍にいてのが慣習でしたが、昨今は訪問者をお迎えして通夜を施工し、数時間で終わるのが一般です。
昔は通夜に家族のご挨拶はなかったですが、現代では通夜に会葬者が増えており、お礼される方も増加したと言われています。
身内と少数の限られた人のみを召喚して、さよならが出来る、式事を、「家族葬」と見られるようになり、ここにきて、馴染んで、きたそうです。
後飾り壇は葬儀が終わって片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを仏間に安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。

仏式において安置するのは北枕ですがご遺体安置の方法は仏式以外で神式、キリスト教などの、一つ一つの宗教・宗派によって決まりごとが変化します。
親御さんに私財がありませんので相続は関係ない、こちとら何も手にする気構えはなかったので単独相続は関係ない、と先入観をしている当事者が大多数います。
葬儀にこだわりといったような意外と思うかもしれませんが葬儀を想像するにあたりどこを大切に思うか、という意味だと考えます。
葬儀の性質や実施するべきポイントと言うのは葬儀屋が案内してくれますしご遺族の挨拶もテンプレートが所持していますから、そこにプラスして家族のエピソードなどを加えて挨拶をすれば良いと言われています。
家族葬を想像して私たちは『遺族だけの祭事』『遺族と友人だけの仏事』が多数派で、家族葬儀の境界にに従属する感想も各々と言います。

さりとて弔辞を述べるご本人にしたら肩に力が入ることですから式の流れに盛り込まれるんであれば、早めに相談させてもらい、合意を得ましょう。
僧侶とかかわりがなく葬儀式の時に葬儀屋に宗教者を斡旋して頂く場合は、お布施の金額はどれくらい出金すればいいのか心もとないので、ストレスを抱く人も多いと想定されます。
先だっては通夜・告別式をしないで直で火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場で仏を納骨する葬儀『直葬』を実施するご家族が増加しています。
近頃先生は葬儀や法要でお経を読む人といったイメージがありますが、古来から僧侶とは釈迦の言葉や、仏教を間違いなく伝わるように、届けるのが使命なのです。
失敗しない葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)だと思うためにも明確でなくても良いのでこのようなお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)にして欲しいなぁ、といった事前イメージを、することが大事なことです。